« ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草) キンポウゲ科 | トップページ | ミョウギイワザクラ(妙義岩桜) サクラソウ科 »

2012年4月25日 (水)

マルミノウルシ(丸実野漆) トウダイグサ科

草丈40~50cmの多年草、地下茎は肥厚し、茎葉は長楕円形で、長さ7~8cm。
ノウルシと似ているが、子房の表面には、いぼ状の突起がなく、なめらかで名前の由来となっている。
葉は若いときは紅色を帯び、ベニタイゲキとも呼ばれる。

2016年3月上旬 北信州の里山 今年は早い
マルミノウルシ


      マルミノウルシ

マルミノウルシ


マルミノウルシ

2014年3月下旬 雪がなくなり、ようやく開花
マルミノウルシ


マルミノウルシ


マルミノウルシ

2014年3月中旬 北信州の里山 まだ雪が残り発芽したばかりだった
マルミノウルシ


マルミノウルシ


マルミノウルシ

20130316北信州の里山
マルミノウルシ


マルミノウルシ

子房の表面には、いぼ状の突起がない
マルミノウルシ

20120429千曲市の里山 発芽時は赤い葉が成長すると緑色になる
マルミノウルシ千曲市


S120428


マルミノウルシ

子房の表面には、いぼ状の突起がない
マルミノウルシ

20120422北信州の里山  
マルミノウルシ
猪かカモシカが掘り起こしたのか?地下茎が地上に出ている。

 マルミノウルシ マルミノウルシ


マルミノウルシ


マルミノウルシ


マルミノウルシ

落葉樹林下の斜面に群生する
マルミノウルシ

|

« ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草) キンポウゲ科 | トップページ | ミョウギイワザクラ(妙義岩桜) サクラソウ科 »

黄色系」カテゴリの記事

3~4月・早春」カテゴリの記事